サイド上部画像
 July 2017 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BEST RANKING!
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

ガタカ (Blu-ray Disc)

評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 3,835
(2008-03-19)
DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来。自然出産で生まれ、劣性遺伝子を持つ人間は“不適正者”として差別されていた。そんな不適正者の一人ビンセントは宇宙飛行士になる夢を抱いて家族のもとを飛び出し、優秀な遺伝子を持ちながら事故で下半身が不自由となった若者ジェロームと出会う…。『シモーヌ』のアンドリュー・ニコル監督が贈るSFサスペンス。主演は『トレーニング・デイ』のイーサン・ホーク、恋人のアイリーンを『キル・ビル』のユマ・サーマンが熱演しているほか、『コールド・マウンテン』のジュード・ロウのクールな美青年ぶりにも注目。


1997年の映画です。何度見ても好きな映画。
若かりしイーサン・ホーク、ユマ・サーマン・ジュード・ロウという
なんとも豪華な顔ぶれ。
全体的に物静かなストーリー運びです。
これを見ると、「自分の努力しだいで不可能も可能に変えることができる」
のだ・・!と非常にポジティブな気持ちになれます。
ここでは、遺伝子上の優劣の問題を主人公が努力と本来持っている才能で
クリアしていくのですが現代で考えると学歴とかそういうのに
当てはめることができるでしょうか???
とにかく、素晴らしい作品です。
本物のジェロームの最後がちょっと切ないですね・・・・
[た行]
- : - :  : 

デジャヴ

評価:
ビル・マーシリイ,テリー・ロッシオ
竹書房
¥ 650
(2007-03-01)
デンゼル・ワシントンの渋ーーーーーーーーい演技がキラリと光る
アクション映画でした。デジャヴという単語のイメージとストーリーが
かなり意外な展開だったのがポイント高いです。
それにしてもあんなモノ実際にあったら大変なことになってしまいますよ!
映画の中の話だからいいけど。
しかし、ヒロインの女性がまたとても綺麗な方なんです。
お似合いの二人って感じでした☆


点数 8点
[た行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

テキサス・チェーンソー・ビギニング

テキサス・チェーンソー・ビギニング アンレイテッド・コレクターズ・エディション (初回限定生産)
テキサス・チェーンソー・ビギニング アンレイテッド・コレクターズ・エディション (初回限定生産)
ジョルダーナ・ブリュースター

以前観てかなーり怖かったのを忘れてまたこのシリーズまた
レンタルしちゃったよ〜(泣)これは顔面奇形だかなんだかで生まれた
ことにコンプレックスを持っている殺人鬼トーマスが生まれてから
どうやってチェーンソーを振り回す殺人鬼になるのかを描いている
お話なんですけど、そんなことどーだっていいよ!
とにかく、グロ過ぎて見れないんですけど…。
トーマスだけでなく、彼の家族もかなりの異常者で見ているだけで
最悪な気持ちになりました。凶器のチェーンソーをトーマスが
初めて使う場面があるんだけど、見ているこっちは床に転がった無残な姿の
被害者を見せ付けられてそれでなくても気持ち悪いのに
彼の父親が「よくやったぞ!」とか口走っているところに狂気を
感じました。とにかくこの映画、最後まで救いようなくて、
ホラーとしては成功なんじゃないでしょうか??
それにしても最近、だんだんこういう系の映画に弱くなっている
気がします。これってやっぱり年ですかね?

点数8点
[た行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

トゥモロー・ワールド

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
クライヴ・オーウェン

西暦2027年、人類に子どもが誕生しなくなり、世界は荒れ果てていた。英国のエネルギー省官僚のセオはある武装集団に拉致されるが、リーダーは元妻のジュリアン。彼女は1万ポンドと引き換えに検問を通過できる通行証がほしいと言う。彼女の目的は、ひとりの移民の少女を新しい社会を作る活動をしている「ヒューマン・プロジェクト」に届けること。しかし、そのグループには実態がなく、なおかつ、その少女は重大な秘密を抱えていた。(Amazonより)



パッケージにSFアクション超大作と書いてあり、しかも
ジュリアン・ムーアも出ていたのでレンタルしてみました。
原題はCHILDREN OF MEN で断然こっちのほうが
ピンと来るタイトルだと思いました。
ストーリーは全体的に暗くて単調な感じなのですが
後半の戦場シーンになるとやたらと現実味があってまるで
その場にいるような気持ちにさせられて、そこがこの映画で
すごいところかなと思いました(笑)
不妊率90%で大人しかいない世界とは一体どうなるのか??
を描いているのですが、最近出生率落ちてるし全く的外れではない
テーマなだけにその辺りは感情移入できたような気がします。
やっぱり赤ちゃん(子供)の存在って人間にとっては癒しなんですよね。
彼らにはただそこに居るというだけで、周囲の人たちを笑顔にする
パワーを持っているのです。改めて子供って大事なんだなーと
思いました。そういう意味でちょっとは考えさせられる映画なのですが
エンターテイメント性を期待すると失敗の作品ですね。


点数7点
[た行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

出口のない海

出口のない海
出口のない海
市川海老蔵(11代目)

市川海老蔵が映画初出演にして主役を務め、歌舞伎界のスターがスクリーンでも映えることを証明した1作。第二次大戦が集結しようとしていた1945年、日本軍が最後の秘密兵器として開発した「回天」に乗り、敵艦に突っ込んでいった若き兵士たちの物語だ。直径1mの回天は1名が乗り込むスペースしかなく、映像からは内部の息苦しさや孤独感が伝わってくる。死を覚悟した兵士たちの悲壮感がその閉塞した空間と重なり、ここでも海老蔵の鋭い眼力が効果を上げることになる。(Amazonより)


カミカゼや戦艦大和の存在は知っていましたが、人間魚雷回天の存在は
まったく知らなかったのでこういう兵器があったということ、それに実際に
乗って国のために命を落とした人たちがいること、感慨深く見ました。
死ねば「戦神」として崇められ、たとえ機器の故障であっても出撃できずに
戻れば「死に損ない」として生き恥をさらすことになるという時代。
なんとも言えない気持ちになってしまいました。
主人公の並木の最後の結末にも非常に理不尽なものを感じるし、
でも人々が皆、思い通りの人生を歩めるわけでもなく
その辺りはリアリティがあって良かったと思います。

点数7点
[た行]
comments(0) : trackbacks(1) :  : 

デッドマン・コーリング

デッドマン・コーリング
デッドマン・コーリング

死者が訴えかけることとは…。

えーっとこの手の話はよくある話ですが、
自分としては好きなジャンルなので、楽しめました。
全体的に地味な感じではありますが、役者さん達の演技と
内容がしっかりしていて、謎解き要素もあるので
最後まで楽しめると思います☆


点数 7点
[た行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

デュエリスト

デュエリスト デラックス版
デュエリスト デラックス版

点数6点
[た行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

ダーク・ウォーター


ダーク・ウォーター

仄暗い水の底からのリメイク版!

まあ、リメイク版というのは大抵原作を越えられませんので
これも期待せずに見たのですが、やっぱり期待しなくて
よかった〜(笑)日本版

仄暗い水の底から
仄暗い水の底から

に比べるとまったくもって怖さが半減していたのは
何が原因だったのだろう…。
まず、ストーリーが問題かも。子供の親権争いばかりに焦点が
あっていたような気がする。日本のホラーは雰囲気だけで見るものを
不安な気持ちにさせる演出が上手いような気がするのだが、
海外モノだとそれがあまり重視されていないから肝心なところでも
あまり驚かないのかも。

ラストの感じもあまり気に入らなかったな。

点数 6点

怖いのがお好みの方はモチロン、日本版でどうぞ!(*´ェ`*)
[た行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

24 -TWENTY FOUR- シーズン4

24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

CTUに帰ってきたジャック。やっぱりシーズン4も
緊張の連続で止まらない(笑)
すべてのシリーズを見てきましたがやはり面白い!
どんな目にあってもなかなか死なないジャックは
いまだに健在でつっこみどころ満載かもしれない
ですが、やはり面白いものは面白い。
最初からかなりかっ飛ばしたアクションとストーリー
でシーズン4になっても病みつきです。

[た行]
comments(0) : trackbacks(3) :  : 

ダ・ヴィンチ・コード(映画館)

公式サイト

ゆる〜い感じのサスペンス

評価がはっきりと分かれたという本作、真偽を確かめるべく
観てきました。
原作は読んでないので比較はできないのですが、正直言って
これってダ・ヴィンチが残した謎に関して興味がある人しか面白く
ないのではないでしょうか??
私はこれまで何度か特集を見て、
マグダラのマリアとイエス・キリストの関係などについて
予備知識は仕入れていたので、フムフムと見れたのですが、
知らない人、もしくはトム・ハンクスが出てるから〜と
見た人は眠いに違いない(笑)
それにジャン・レノって何か重要な役割果たしてました??
ただ物語に緊迫感を持たせるための役にしか感じられず、
人寄せだったのか?という結論に達しました(原作ではもっと
活躍してたのかも…)

同じキリストの映画だったらパッションのほうがより深い感じで
良かったです。
それにしても、オドレイ・トトゥ足細すぎ!!
彼女の足の細さに驚き、そちらのほうにかなり気が取られてしまった…。

キリストが神なのか人間なのかという事に関しては
映画よりも特集で観たときのほうが衝撃が深かったです。
キリスト教徒ではない日本人にはゆるい感じのサスペンスに
しか感じられないかも。



点数7点

[た行]
comments(2) : trackbacks(8) :  :