サイド上部画像
 September 2017 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BEST RANKING!
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 
<< パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト : サイレントヒル >>

硫黄島からの手紙

戦争とは何か?硫黄島を通して見たもの。

クリント・イーストウッド監督の作品は重いテーマのものが多く
(『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』とか)、
今回の作品も例外ではなく色々な意味で視聴者に考えさせる
テーマだったと思います。
監督もサイトで述べているように、この話の中では日米、どちらが
正義でどちらが悪なのかということには触れられていません。
戦争という国家が起こした問題に巻き込まれた国民が、どう考え、どう
行動し、どういう結末を辿っていったのかただ淡々と1人の兵士
(西郷)の視点で描かれています。
「潔く死ぬこと」が美学であるともされた日本人ですが、実際のところ
は葛藤して、愛するものたちへの未練を残しつつ死んでいったのではないか…??
という考え方はまさしくアメリカ人らしい考え方なのかな?というのが
私の感想です。勿論そういう私も今そういう立場に置かれたならば
絶対に西郷と同じ考え方(どんな手を使っても生きて帰る)だと思います。
この映画を観ると死の怖さ、戦争の不条理さ、そして簡単に人は
死ぬことはできない(死んではいけない)のだということが判ったような気がしました。
観る者それぞれが各々登場人物に自らの姿を重ねあわせながら
色々考えることができる深いテーマの作品だったと思います。

点数8点
[あ行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

スポンサーサイト

[-]
- : - :  : 

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://toymovie.jugem.jp/trackback/236