サイド上部画像
 September 2017 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BEST RANKING!
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

ポセイドン

船がひっくり返った時、あなたならどうしますか?


 公式サイト

あらすじ
豪華客船ポセイドン号は洋上で元日を迎えるべく、航海中だ。
しかし、元旦を迎えお祝いムード一杯の客達を超巨大津波が突如
襲いまさかの転覆をしてしまう。そして、ひっくり返った船に残された
乗客の一部が助かるためには船底から外へ行くしかないと生き残りを
かけ必死の脱出を試みる…




この映画、原作は↓。

ポセイドン・アドベンチャー
ポセイドン・アドベンチャー

私はこの映画が大好きでもう何回
観たことでしょうか…。。単なるパニック映画と思ったら
大間違い。様々な人間模様が織り交ぜられて涙あり、感動ありの
傑作なのです。
今回この映画がリメイクされるということで、どうなのかな〜と
思いつつ観て見たらかなりスケールが大きくなってびっくりでした。
アクションなんかもすごくって、もう緊張の連続で休む暇ナシ。
勿論、色んな人間模様も織り交ぜられていて涙する場面も…。
誰かが助かった場面では勿論一緒に拍手(笑)
比較すれば、ストーリー自体は原作のほうが好きですが、
アクション度では格段にこちらのほうが上だったので現代風に
良い感じでリメイクしてるなぁというのが感想でした。
ポセイドン・アドンベンチャーが大好きな人にも
ぜひぜひ見て欲しい作品です。


それにしても、最初の問い、私だったら大勢と残って
海のもくずになったことだと思います。こういう時って判断力が
優れている人がきっと生き残れるのでしょうね。


点数9点


[は行]
comments(0) : trackbacks(1) :  : 

Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタ
Vフォー・ヴェンデッタ

V-それは復讐と自由の象徴

ナタリー・ポートマンが坊主になるという衝撃の
姿と不気味な仮面を被った男が印象的な予告編にひかれて
観てきました。コミックが原作らしいので、アクション系の
あさーい作品かと思っていたらかなり深い内容で面白かったです。
独裁政治下で抑圧される市民と政府を転覆させようと試みる
謎の男V。彼は最後の最後まで素顔を見せることはありませんが
役者はロード・オブ・ザ・リングのヒューゴ・ウィービング。
均整の取れたスマートな体つきや優雅な身のこなしは見ていて
仮面を被っているのが不思議でないほど素晴らしかったです。

ただ、ガイ・フォークス・デイ
馴染みが無く、歴史的背景もよく知らなかったのでVがなぜ11月5日
に現れ、復讐を翌年の11月5日に遂げたのか映画を観ているときは
判らず曖昧でした。岩窟王のシーンなども出てきたので、ストーリーを
もっとよく判っていればV自身のことももう少し理解できたと
思います。

ただ、独裁者を生み出すのも民衆であり、独裁政治を終わらせたのも
民衆であるということで最後まで仮面を外すことのなかったVは
特定の誰かではなく、誰でもなろうと思えばなれる可能性を秘めた
人物であるということだったのかとも思いました。
強いメッセージ性を含んだ作品で私自身とても楽しめました。
勿論、アクションシーンも見事でしたし、何よりも
チャイコフスキーの大序曲『1812年』と共に花火が打ち上げられ
国会議事堂が爆破されるシーンは圧巻でした(*´ェ`*)

人によっては好みが分かれそうな作品です。


点数8点
[は行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

ひまわり

ひまわり《デジタルリマスター版》
ひまわり《デジタルリマスター版》

男女の別離を描いた不朽の名作


さんさんと輝く太陽に向かって、誇らしげに大輪の花を咲かせるひまわり。その太陽とひまわりを、男と女に例えた作品である。戦争に行ってしまった愛する夫、アントニオ。ひたすら彼を待ち続ける妻、ジョバンナ。終戦後も帰ってこない夫を探すため、ジョバンナは単身ロシアに足を踏み入れる。(amazon)


大女優ソフィア・ローレン主演のこの作品、母のおススメで見てみました。
戦争によって引き裂かれた夫と妻。彼が生きていると信じてずっと
ひとり待ち続ける妻をソフィア・ローレンが演じています。
その姿があまりに切なくて見てるほうもついつい感情移入。
そして、彼女に訪れる衝撃の真実。二人の別れのシーンは全て
プラットフォームなのですが、どの別れも悲しかったです。
そして、夫の「お土産を買ってきたよ」という台詞が印象的でした。

点数8点
[は行]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] <2枚組特別編>
ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] <2枚組特別編>

ありえない!超能力チームの痛快アクション!

超能力モノというとすぐX-MEN を思い浮かべるのですが、
これも負けてはいませんよ〜。
ゴム人間、透明人間、岩男、燃える男、鋼鉄男と
これだけでも濃い〜メンツ(笑)
マンガみたいな内容ですが、好きな人にはたまならい!
結構こういうのは好きなので楽しめました。
それにしてもジェシカ・アルバ、可愛い!
スタイルもいいし、魅力的。

今後の活躍を期待します。

それにしても、終わり方がちょっと余韻があったので
続きがあるのかな…。。

点数7点
[は行]
comments(2) : trackbacks(2) :  : 

フライト・プラン

母は強し!それにしても、人ってこんなに冷たいモノ?

パニックルームの面白さを期待して行ったのですが、
ちょっと不完全燃焼だった本作。
全体的にアクションというより、人間の心理面にスポット
ライトを当てているようでした。
観客側から見ると、ジョディ演じるカイルの実情を知っているだけに
周囲の反応や客室乗務員の態度に実にイライラさせられます。
でも実際に自分がこんな場面に遭遇した客だったら
あんな騒ぎを起こされて同情もあるけど、人騒がせね〜と
同じような態度を取ったかも…。。
それにしてももうちょっと突っ込んだストーリーにしてほしいと
思ったのは私だけではないはず。大体犯人が●●で、最後なんか
あっけなさすぎ!しかも飛行機は着陸してるし…。。
飛行機モノというのは、高度数千メートルの完全密室だからこそ
面白いってものでは…?!
多少不満アリ。
でも、やっぱりジョディは大物女優なんです。
ストーリーには疑問を感じるけど、鬼気迫る母親を見事に演じて
いたのですから。
ひとつ言えることは、信じられるのは自分だけってことかしら。


点数8点
[は行]
comments(2) : trackbacks(3) :  : 

ホステージ

ホステージ
ホステージ

いやー、さすがです。ブルース・ウィリス。
貫禄で楽しませてくれました。


あらすじ

とある豪邸に押し入った強盗たちが家族を人質に立てこもった。だがこの豪邸の主が悪の組織に関わっていたからサア大変。かつて敏腕交渉人として活躍してきたジェフ・タリーは、その組織に自分の家族を人質にとられて、代わりに協力を依頼されることに……。
「アマゾンより」


映画公開時のレビューではあまり評判が
良くなくてDVDになったら観ようと思っていたのですが
実際観ると結構面白くてハラハラさせられました。
内容的にはちょっと強引なところもあったかもしれませんが
子供たちの活躍などもあり、一緒にドキドキ。
特に主役の子役の男の子、ジミーがとても可愛かったです。
後半のアクションシーンはなかなか見もので、
かつてのダイ・ハードを思わせるブルース・ウィリスの活躍。
ただ欲を言えば、お姉ちゃん役の子がもうちょっと
可愛ければ良かったかなぁ…と。
これは、内容にリアル感を持たせるためだったのでしょうか??(笑)


点数 8点


[は行]
comments(2) : trackbacks(2) :  : 

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

なんとなくありきたりな種明かしは拍子抜け。ですが
やっぱりダコタちゃんの演技はスゴイです。

予告のCMに興味をそそられてDVDになったら絶対に
観ようと思っていました。
早速観てみましたが、全体的にパワー不足?のような
感じでしたね。サスペンス・ホラーって感じなのですが、
どちらの要素も物足りない…みたいな。
特に結末がわかった時はちょっと苦笑ですよね。
やっぱりそうか…みたいな。
この手の手法はシックスセンスとか色々ありますが
伏線を巧妙に張っていかないとそうそう簡単には観客は
驚かなくなってきてますよね。
とにかくこの映画ではダコタ・ファニングの演技がなければ
かなり大滑りであることは間違いないでしょう。
ロバート・デニーロも絶対にありえない!という役ですしね(笑)

それでも、映画で観たフォーガットンよりかは楽しめましたよ。


個人的にはアザーズが好きな私です(*´ェ`*)


点数 7点
[は行]
comments(0) : trackbacks(1) :  : 

ハリーポッターと炎のゴブレット(映画館)

シリーズ化の重要課題?(中だるみ)は残ったけど
それでも、やっぱり面白いことには変わりなし。
レベルの高い中だるみでした(笑)



待ちに待ったハリーポッターの最新作鑑賞。
今日はレディースデーということもあり、予想通りの
超満員でした。今週の土日は座席争いがかなり激化しそうですね。

今回は3大魔法学校対抗試合に絡んで闇の帝王ヴォルデモートが
復活!ということだったのですが、まずしょっぱなから
映像美には圧倒されました。
とにかく細部までこだわりが感じられてすごい!
前作はアズカバンの囚人で、ダニエル君初め主役の子供達が
かなり成長したよねーと思っていたのですが、今回は更に立派な
青年になっていてびっくりしました。
最初なんて、本当におこちゃま〜って感じで微笑ましく思えたのに、
今回は初恋?エピソードなんかも加わって観ているほうも歯がゆい感じ
だったし。
…で、肝心の内容はちょっと単調だったかなぁ、と。
あ、勿論、今までのに比べての話です。かなりハイレベルな次元での
比較になっています。
3大魔法学校対抗試合に17歳以下なのに罠にはめられて出場することに
なってしまったハリー。3つの厳しい試練に勇敢に立ち向かって
行くのですが、うーん。なんでしょう?犯人とかちょっと予想ついて
しまった部分があって判った時に、やっぱりねー。という感じだったのです。それと迷路のシーンではもうちょっとみんな悪者になってほしかったかなぁ…そのほうが盛り上がりがあるような気がします。
全体的にこぢんまりとまとまりすぎた感じはしました。
今までは3人で困難を乗り越えるぞ!という感じだったですが
今回はロンやハーマイオニーの活躍の場があまりなかったのも残念です。

でも、熱い友情には感動でした。
ハーマイオニーとハリーの関係も気になるし、
あ、それにヴォルデモートとの対決の続きも…
次回作に期待です。


点数 8点



ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
[は行]
comments(2) : trackbacks(20) :  : 

ブラザーズ・グリム(映画館)

恐かったり面白かったり、映像はなかなか綺麗だったんだけど
何かが足りなかった。惜しい!


久々の映画鑑賞はこれでした。
子供の頃から好きだったグリム童話の数々。
その当時読んだものに対してそんなに恐いというイメージは
なかったけど、数年前に「本当は恐ろしいいグリム童話」という本が
出版されて読んだとき結構恐くて、耽美なお話なのかも…と一変した。
そういえば、ヘンゼルとグレーテルなんて、お菓子の家の魔女が
妹を閉じ込めて食べようとしてしまうんだもね。結構恐いかも(笑)
その世界観がこの映画では存分に表現されていたと思う。
赤ずきんとかヘンゼルとグレーテル、ラプンツェルとかなじみのキャラクターなんかも登場してなかなか。

ただ、残念だったのはマット・デイモンが出ていたんだけど
正直言って役に合ってない気が…。
知性派な彼がおちゃらけた軽い感じの役にはまってなかった。
髪型も、衣装も不釣合い(笑)やっぱりマットには
ボーン・アイデンティティーのようなしぶーい役を演じて欲しい。
それに、彼である必要性も感じなかったしね。
もっと違うファンタジーにあう俳優いるだろー!と始終突っ込みまくり。
まあ、彼以外は良かったけど。(これって、問題?)


ホラーでもなく、かと言って完全にコメディーでもなく
やっぱりおとぎ話の世界を映画化したらこんな感じなのかなと
思わずにはいられないのですが、もとよりファンタジー好きな
私は結構楽しめた映画でした。
でも、受け入れられない人、というかこのジャンルが嫌いな人は
まったく受け付けないかも。


やっぱりモニカ・ベルッチは美人だった。
マレーナで美人な人だなと思っていたけど、やっぱり美しい。


点数 7点

本当は恐ろしいグリム童話
本当は恐ろしいグリム童話
桐生 操




大人もぞっとする初版『グリム童話』―ずっと隠されてきた残酷、性愛、狂気、戦慄の世界
大人もぞっとする初版『グリム童話』―ずっと隠されてきた残酷、性愛、狂気、戦慄の世界
由良 弥生
[は行]
comments(0) : trackbacks(2) :  : 

星が輝く夜に

星が輝く夜に DVD-BOX
星が輝く夜に DVD-BOX

台湾ドラマです。
出演者がみんな美女&イケメンばかりでかなり目の保養になります(笑)
ストーリーはもちろん純愛です。
しっとりとしたストーリーですが、出演者それぞれの心情が
しっかりと描かれておりかなり引き込まれます。


8点
[は行]
comments(0) : trackbacks(0) :  :